鬼むぅブログ

女性向けゲーム(乙女ゲーム)業界でクリエイターとしてどうあるべきか、成長戦略を練るひつじぐもCEOのブログ。

MENU

できるだけ早く決断するために始めたこと

f:id:shimadarui:20161222070947j:plain先日、会社が6周年を迎えた。

その少し前から、事業統括者に毎日報告書を書いてもらうことにしている。

それまでどうしていたかというと、

月末が近くなると、ばたばたと売上は、とかコストは、とか言ったことを聞いて回らなければいけなかった。特に受託に関しては、案件が多いのと急に入る案件が存在したため、翌月初、請求書を出す段階にならないと何もわからない。

だが、そういったことをヒアリングされるのは誰しも気が重い。

「今月いくら売り上げたの?」

好きな人なんていない。

それは私も同じだ。

しかし管理者であれば利益管理をしなければいけない。

どうにか改善できないものだろうか。

そう悩んだ結果、毎日報告書メールを送ってもらうことにした。

なぜ毎日かというと、毎週とか、隔日にすると、忘れてしまうと言われたからだ。

それすらも最初は億劫だったようだが、慣れてくると、納品に合わせて数字が増えるので、面白くなってきたらしい。

ちょうど今日で1ヶ月が立つ。

具体的にどうとはまだ言えないが、劇的に情報の伝達スピードが改善された。

昨日、こういう項目を増やそうとか、この項目を見やすく移動させてほしい、と要望を出したところだ。

裁量がある程度ないと仕事は機能しないが、やはり数字についてはなかなか自発的に申告することは難しいだろう。おかげで、話し合いの時もパッと数字が出るので、やりやすい。

金額だけに限らず、客観的に見て変わらない数字については、瞬時に把握して、判断できるようになっておきたい。