鬼むぅブログ

女性向けゲーム(乙女ゲーム)業界でクリエイターとしてどうあるべきか、成長戦略を練るひつじぐもCEOのブログ。

MENU

ゲームコンテンツ業界とその辺縁の意味する人事異動

f:id:shimadarui:20160414085652j:plain

年明けから私自身は完全に武蔵野市に拠点を移してます。

休日は、時々、井の頭公園まで散歩。

このあたりは、何でも無いような通りが桜のアーチになっている事が多くて、美しい反面、どこかもの悲しい気持ちになる。

心機一転、という気持ちがないわけではないから、複雑。

昔どこそこでお花見したな、その時は誰それがいたな、あの人どうしてるんだろうな。

というのを、桜を見ると、ふっと思い出す。

人と人の付き合いとはいえ、仕事が絡まなくなると、縁遠くなってしまう。

そういう意味では、(私にとって)仕事というのはコミュニケーションのひとつなのだなあ。

年度末である3月には、また別れや出会いがありました。

5年くらいお付き合いをしていた取引先の担当者の方が退職なさると聞いた時は、正直驚きよりも、やはりという思いが強かった。去年の年末くらいから、この人は次のステージに登っていくんだろうな、と感じていたから。

逆に、こんな人事異動で、どうなってしまうんだろうか。

と不安を感じるケースもあったり……。

人事異動はその企業が今後どういった方向に経営資源を集中させていくかの指標。と私は見てています。

浮き沈みの多い業界だけに、前年の影響が顕著に見える。

気になる会社がIRで人事を公表しているならば、チェックすると面白いことが発見できるかもしれませんね。

(能力や社内政治力がないばかりに異動……というドラマみたいな展開は実際のところあまり聞いたことがない)