鬼むぅブログ

女性向けゲーム(乙女ゲーム)業界でクリエイターとしてどうあるべきか、成長戦略を練るひつじぐもCEOのブログ。

MENU

挫折してもやり方が変わればうまくいくこともある。初めてJavascriptを学んだ経緯まとめ

こないだ、ひつじぐもの皆でランチをした時に、

セブ島に留学していい?」

と聞いたら、

「ギリ1週間ならいいですよ」

と言われました。

1週間で何を身につけられるかも問題ですが、

「でも電話が来たときにマニラならこの会社ってワールドワイドなんだなって思われるけど、セブ島って完全にバカンス……」

となってしまって、結局いずれ、という事になったんですが、セブ島で何をやりたいかというと、プログラミングを学びたいのでした。

私は今、Javascriptが少しだけ書けるのですが、完全に独学というわけではなく、もし学習しようかどうか尻込みしていたり、一度諦めた方の後押しができればという事で、少しだけ経緯を描いておきます。こんな私がこんなにできるようになったよ! という記事ではありません。こんないい事があったよ、という体でお読みいただければと思います。

Javascriptを始めたきっかけ

オバマ大統領「プログラミングを学ぶことは自分のためだけではない。国の将来がかかっているのだ。」tracpath:Works

とある通り、今やプログラミングが常識となりつつある風潮。

エンジニアが当たり前のように使っている技術や運用の方法を学びたいと思いました。

だから直接的にエンジニアになりたい! とか、仕事で私がどうこうする、という予定ではなく、あくまで教養として知っておきたいと思っています。

過去、WEBサービスを発注する際に痛い目を見てきた事もあるのですが、それは業者が悪徳だからというよりも、知識格差が問題となっている気がするのです。

で、調べてみると、言語としては、Javascriptが人気らしい……。

ちょうど今年まで仕事を少し大人しくしている予定だったので、出張ついでに、5月28日(木)に、PHP, HTML, Linux 講座 : セミナー&スクール | アシアル株式会社JavaScriptjQuery入門講座を受講してきました。

結果的にこのスクールが成功だった

実際行ってみると、驚きました。

なんと、受講者が私ひとりだけで、マンツーマンだったのです。

その時の講義は岡本さんだったのですが、おかげでいろいろな事を質問できました。

私は、まずGoogle Apps Scriptを使ってみたかったのですが、それを一緒に、というか考えて貰いました。

その時のコードはただ写しただけだったのですが、プロの方が実際に書いていくのを目の当たりにできたというのが一番の収穫だった気がします。

その時作ったサービス

サービスともいえませんが、その時つくったものは、「誰とランチ行く?」です。

普通、人はランチに行く人を変えません。

今日はAさんと、昨日はBさんと……というのはほとんどないです。

でも、それだと、社内コミュニケーションの改善にはならないのでは、と思っていました。

例えば毎週水曜のような特定の日に、ランダムでランチに行く割り振りが決められる仕組みがあると面白いなと思いました。

という事で、Spreadsheetに任意の名前を書いて、ランチに行く人を2人(割り切れない場合は3人)選ぶ、というのをGoogle Apps Scriptで実現。

その経験が私に与えた影響

今思うと何てことないコードですが、この時、「考えた事が実現するツールを持てたんだ」と開眼(笑)

「ビール喉が開く」のに似た感触です。

ドットインストールやスクー等、学習サービスがいっぱいありますが、独学だと飽きて放り出してしまう私には、1日拘束で基礎を教えてもらったのが役に立ったように思います。

それから作ったあれやこれ

それからしばらくJavascriptから遠ざかってました。

夏くらいから、GASでいろいろ作り始めました。

結局途中でわからなくなって放置したものもあります。

Chatworkの自動通知はできるようになったので、黒ひつじというbotがリマインドをしてくれたり、天気予報を告げたりしてくれます。

つまづきまくりながら、他のパートナーさんにお願いして指摘してもらって、完成にこぎ着けたものもあります。

他には……Markdownが書けるようになりました。(だから何って感じですが、うちのプロッターはなぜか似非Markdownで書いている)

学んだ事

初めに書いたように、私はプロフェッショナルになろうとは思っていません。

でも、学んでよかったなと思う事はたくさんあります。

  • 業務用ツールの仕様の説明がスムーズになった
  • 論理的な思考がよりしやすくなった
  • エンジニアの技術や運用方法をコンテンツ制作で流用できるようになった
  • 書式を保つ重要性を知った
  • 簡単なものを大量につくってモチベーションをあげていった

「2ヶ月前に1日教えてもらっただけでこんなにできるようになるんですか」と言われたんですが、あとはやりたい事は、検索するか、最後自分では手に負えない! と思ったら、パートナーさんに聞いています。

ドットインストールは、逆におさらいに使っています。今見るとすごくわかりやすくよくまとめられていると思うんですが、本当の本当に初心者だった私には、これを学んでいったい何ができるんだ……というところで途方に暮れました。

今は、これを学ぶとこういう事ができるようになるんだろうな。というのがある程度想像できるようになり、利用頻度は上がっているのですが、こういうものをつくりたい! というのが私の場合は、明確なので、最初の階段を上がる上で、リアルな人間の発する情報力というのは本当に侮れなかったなと、振り返り考察でした。